Series: 豆知識&やり方 神様と雑談 神さまのことば 作品について 不思議レポート 不思議な夜の話 不思議な光の話 不思議と徒然 ヒーリングと徒然 エネルギーの物語
Year: 2018 2017 2016

祟りやつきもの、浄化や回復の大切さ

私の経験したことにすぎませんが
祟りやつきもののなかには
その方をまもるために
生じていることもあるようです

私も、
状況が酷いとき(いまもですが)は
氏神さまが祟りをもたらされます
(首から上に流れ出ます)

すこし込み入った事情があるので
私がそれをもたらされる理由を
詳らかには語れませんが

氏神さまからの祟りは
あたたかく、また
触りがでたとしても
懸命にすごしていると
やがて抜けだすことになります

いぜん、このことについて
お話いただいたのですが
状況が悪い(色んな事情でそうなります)とき
たとえば、ほかの悪霊や
よくないものにふれたり
かかわったりするより

『厄災』を神々さまがあたえることで
厄災をコントロール下において、
それを、ひとが
乗り切る(成長する)までみまもり
ほかの厄災からよけさせる、ことが
あるのだそうです

憑依もまれにそうしたことがあるそうです

……

ここ最近
見えない界隈は
ふかい混沌にすすんでおり
敵も味方も
神も、堕落したモノも
混在して乱発して
まるで嵐の海のようです

ひとつだけいえるのは
『どこまでも自分次第』だということです
人次第でも
護ってくれるもの次第でも
ありません……

お祓い、浄化、回復(治癒)は
ワンセットであることを
いぜん、のたまいました

みな、自然に無意識に
そうしたことを
行って居るものです

いわば、傷口の
よくない汚れをとるのが
お祓い
消毒するのが
お清め(浄化)
そして傷口を癒すのが
回復となります

もしも、なにか
日々において
くるしみがありましたら
ほんのすこしだけ
このことを気にとめてみてください

三つのバランスがととのい
回転をはじめると
『あなたを支えるあなた』が
元気(元の気)に満ちはじめ
『あなた』の
生命力が佳くなっていきます

まわりごとは
あなたの回転もかかわっていますから
どうぞ、よろしかったら
周りをみて
周りをかえようとするまえに
あなたのこころや、気の「回り」を
回復してみてください
2018-12-02 12:41:15

詩や芸術

ほんらいの神のお心は
詩(うた)や
芸術にあらわれます
長い言を話してもたらすものは
神ではなくて
霊のほうに位置されます

(霊のほうの)
神とするなかには
かたりものと
にせものがあり
かたりもの、は
悪いものではありません

人と同じで
具現を、人との会話で
もたらすものも
たまにあり
それを『語るもの』といわれます

いずれにせよ
見えないもの、は
『かかわる人』により
様子をかえます

釈迦はひとにより
わかりやすく
伝え方をかえたといわれていますが

そのまんま、主とおわす神さまが
『神とのかかわり』で
あらわれること、を
人により、
その人が学びやすくなるよう
現象をかえられるのです

ですから
人にもたらされた真実『神実』は
ひとのもので
己にもたらされるものを
己の身をもって、知っていくことが
見えないこととの道のりになります

そこにあるのは知識ではありません
2018-11-26 07:46:42

明王の討魔には冷気がながれ、癒やしは暖かい

外温と二、三度ことなり
冷ややかな空気が流れるところは
明王と魔がたたかっていたりします

天は
魔や、悪をほったらかしには
していません

明王は
滅殺力のお強い
神の使いでありますから
殺意(すざまじく冷える殺意)を
はなたれて、魔を討伐されます

たたかいの最中に
人が入られると
魔は人を盾にしたり
なかにもぐりこんで(いわゆる憑依)
逃げようとしたりしますから
明王の討魔の邪魔になります

『よくないものがいる』という
無意識への警告を
天はひとにもたらします

そういうふうですから
なんとなく、やだな、というところは
ちかづかないのが吉です
とくに昨今は

危うきに近づくのは
勇気ではなく、無謀ととらえ
避けられるほうが良いです

……

明王とご縁がある方は
無意識に明王によばれて
討魔のための祈りを
捧げていたりします

エネルギーはおのれにかえります

明王の討魔、殺気は
ひとには強烈な祓い清めをもたらし
よくないものが身体にあると
外に排出されたりします
(風邪や下痢に近い症状がでます)

たたかいの気は
そんなふうで
無害なのですが
肉体が疲労します

明王とご縁の深い方は
みえないところで
ラグナロクが起きている昨今
無意識にも
動かれていますし
それで、討魔の気をあびたり
はなったり、かえってきたものをあびたり
していますから

疲労をためないよう
ふだんより
すこしだけ心がけると
よいかもしれません
2018-11-20 12:07:26

切り離し方

悪魔崇拝の魂たちが
とおざかるもう一つの世界にのり
こちらから離れていって居ますから
「奇妙な、悪人との縁」が
妙なかたちで清算されはじめるかもしれません

ご留意されてほしいのは
悪人とは「悪魔とシンクロのある悪意」であり
性格の悪さやいびつさ
自分にとって嫌いかどうかでは
ないと云うことでしょうか

たいてい、そうした方は
わからなくても
法律ぎりぎりでも
犯罪を犯しており
すでに魂は汚い泥のように化しています

……

奇妙な話ですが
いままで
世界は
光が強すぎもせず
闇が強すぎもせず
いわばグレイな世界でした

今後、こちらにあられる方は
光がまばゆく隣にある世界になりますから
逆にいえば
悪が目立つ、はっきりする
くっきりとその存在が悪だと認識できる
明瞭になる、そういうふうに
なっていきます

つまり灰色でぼやけていたのが
光のもと
その詳細まで
具体的にはっきり
見えてしまう感じですね

なんとなく、
悪意や、犯罪臭さを
感じていた「もの」たちの
すがた、本性が
明瞭な姿になり
わかってしまうでしょうから

わりと人間関係で
おびえたり、縁を必死にきろうとしたりが
出てきてしまうかもしれません

縁の切り方というか
切り離し方なのですが
「そのもの」が
脳裏に思い浮かぶ度に
お近くの神社のこと、か
神様のこと、
あるいは「かんじざいほさつ」を
思い浮かべて
思慮をシフトさせてみてください

姿は明瞭な輪郭をもっていきますが
世界が乖離しつづけているので
影響や、そのちからは
なくなりつづけていきます

ただ彼らは
見えない世界で
ひとにモノ(ケモノや念)をおくるのが
もう、常なる手段なので

思い浮かぶたび
ヒステリーな怒りにおちいらないよう
エネルギーシフトを
してしまうと
楽にそうしたものがはがれます

どうぞ、そうした苦しみがありましたら
されてみてください
2018-11-19 12:33:08

普通に暮らすことの尊さ

これから、世界の混迷が
深みを増していくにつれて
どう生きればよいのか
どう生活すればよいのか
迷うことがあるかもしれません

普通とは
あなたにとっての「普通」ということです

まよったら
「普通にくらす」ことに
戻られてください

あるいは
普通にくらすことを
基準にしてください

幸せとか
不幸せとか
才能とか
富とか
波のまにまに
あらわれることに
目線をあわせないで

(幻想に似ているのです、
そうしたことは)

ただ、日常を
あなたが
暮らすことを
大切にされてください

混迷期は
おおくのことが
破綻したり
もりあがったりします

混迷混沌の
この時の波を、
もとめ、もまれるより

「あなた」が
あなたにとって
大切にしたいことを
大切にして
ただ、ふつうに
暮らすこと
きちんと生活をすることが
とてもよい結果をうむでしょう

2018-10-09 17:32:40
... --- Next[1]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 .